忍者ブログ

被リンク対策がインターネットマーケティングの要!コンサルティングブログ!!

カテゴリー「未選択」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グーグルSEOで注意しておきたいコンテンツ内のカニバリゼーション

運営するサイトのSEOを考える際、検索サイトでのヒット数を増やそうとキーワードをやたらとコンテンツへ詰め込んでしまうこともあるかもしれません。

そうした行為はグーグルSEOの点から考えると、カニバリゼーションになってしまうことも多いですから注意が必要です。

カニバリゼーションには、共食いといった意味があります。SEOにおいてはキーワードがコンテンツ内で競合してしまうことを意味しており、その結果としてキーワードの存在が薄められることで、検索アルゴリズムからの評価が下がってしまうことを言います。

キーワードはあれこれと詰め込むよりも、一つのテーマに絞ったほうがグーグルSEOの観点からも効果が高くなることは意識しておきたいものです。

また、気が付かないうちにカニバリゼーションになっていることも多くあります。もし自分の運営するサイトの特定のページだけがページランクが低い場合には、カニバリゼーションが起きていないかコンテンツ内のキーワードを見直す必要があるでしょう。
PR

SEOを依頼する際には欠かせない業者比較と料金比較

実店舗での営業と異なりインターネット上に開店できるネットショップにおいては、日本全国からの注文が期待できるという大きな魅力があります。

実店舗のように、存在する地域の人口や周辺環境の変化による影響を受けにくい点も、魅力の一つと言えます。

しかしそうしたメリットからすでにネットショップの数はかなりのものになっているため、後発組が売り上げを伸ばすには効果的な策を講じる必要があります。

それが検索エンジン最適化とも呼ばれる、SEOなのです。SEOを実施するだけでも多くの訪問者が期待できますから、まずは専門的な技術を持ったSEO業者にお願いすると良いでしょう。

ただ、SEO業者にも技術の差がありますから、まずは業者比較をしっかり行うことで良い業者を選び出してください。これまでの実績などで業者比較を行うと、効果的です。

また、依頼する際には料金比較も忘れないように行う必要があります。

最近は成功報酬型SEOのような新しいプランも提供されていますから、それらも考慮して料金比較を行い、適切な業者を選びたいものです。

コンサルティングによるウェッブヒット率アップと逆SEO対策の目的

SEOという言葉があります。
SEOの本質は、google等の検索ページの表示順を上位にすることです。
利点は、上位表示は検索者に、見てもらえる割合が上がります。

検索サイトはサーチエンジンを使います。
サーチエンジンは2つの機能があります。

1つ目は、顧客に向いた検索結果を表示する機能です。

2つ目は、あらゆるウェッブサイトを解析し、顧客が検索できる形式で保存します。
ウェッブサイトの検索は、ロボットと呼ぶ方式を近年仕様します。

ロボット型は、世界中のウェッブサイトを自動で解析し検索します。
検索は、精査、単語の組み合わせ、アクセス数が多いものを上位順位にします。
各社検索方式は、秘密です。

この方式に切り込むためにSEOコンサルティングが登場します。
検索エンジンヒット率の研究者集団です。
コンサルティングでは、顧客がヒットさせたい単語を検索サイトの上位になるようにします。

近年逆SEO対策が注目されています。
中傷等被害対策が目的です。

近年社会問題となっているのが、掲示板へのイタズラ書きです。
これには、企業や国家をおとしめる悪意のあるものがあります。
もう一つは、子供のいじめ対策です。

一度書き込まれると、内容削除にはサーバ業者への個別依頼が必要です。
これは、モグラたたきです。

実質的に不可能と言えます。

逆SEO対策とは、検索サイトに依頼し、検索結果として表示されないように対策します。

コンバージョンを重視するならロングテールキーワードを意識したSEO対策を

アフィリエイトを行なっているのであれば、コンバージョン率を意識してSEO対策を実行していることでしょう。コンバージョンとはサイト内に設置した広告をクリックしたユーザーが、その先で商品の購入などを完結させることを言いますが、そのパーセンテージが高いほど優れたコンテンツを作ることができていると言えます。

もしコンバージョン率が低いのであれば、ひとまず話題になっている商品ばかりを宣伝するのは後回しにして、ロングテールキーワードを意識してSEO対策を実行してみましょう。

ロングテールキーワードであれば、購入意欲の高いユーザーをサイトへ導くことにつながります。ユーザーの絶対数は少ないニッチな市場ではありますが、そうしたユーザーに提供されている情報も少ない現状であるからこそ、自分のサイトへ来てもらえた場合には購入まで進んでくれることが期待できます。

ロングテールキーワードは検索される数が少ないため、見つけるのは難しいものです。しかし運良く見つけることができれば、ライバルのいない市場で継続的な収入が期待できるでしょう。

高品質な被リンクが欲しいなら低価格(安い)のSEO業者は避けるべき?

ネットショップなどを運営しているのであれば、一度はSEOという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。現在のインターネットにおいては、どれだけ素晴らしい商品を扱っているネットショップであっても、このSEOなしには売り上げを伸ばすことはできません。

SEOは、星の数ほど存在するネットショップの中から、消費者に見つけてもらうための必須の手段であるからです。

こうした事実を知るとネットショップの経営者は、SEO業者へ相談してみたいと思うかもしれません。しかしそこでは費用がかかることから、できるだけ低価格(安い)料金で利用できるSEO業者を選んでしまいがちですが、これには注意したいものです。

その理由に、低価格(安い)SEO業者が用意している被リンクは質が低いことが多いからです。SEOにおいて被リンクはとても重要なパーツなのですが、高品質なものである必要があります。質が低い被リンクの場合、検索アルゴリズムからリンクスパムとカウントされてしまう恐れもあるのです。

高品質な被リンクを得たほうがSEOの効果も高いですから、業者を選ぶ際にはそうした点も考慮して選ぶようにする必要があります。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
Copyright ©  -- 被リンク対策がインターネットマーケティングの要!コンサルティングブログ!! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]